リスニング力の向上

【病気じゃない】英語を聞き取れないのは「音」を知らないだけ|イライラから卒業する練習方法を解説

2021年5月13日

 本記事で解決できるお悩み

  • 英語が聞き取れない原因ってなに?
  • 英語を聞き取れるようになる練習方法が知りたい!
  • 英語を聞き取るときに意識するポイントは?
  • 意味のない練習方法があれば教えて!

こんなお悩みを解決できる記事を書きました!

「外国人の英語が聞き取れなくて悔しい……」

「自分なりに勉強してるのに、一向に聞こえるようにならない……」

「一刻も早く英語を聞き取れるようになる練習方法が知りたい……」

このお気持ち、痛いほどよく分かります。

僕は毎日のように仕事で英語を使うのですが、外国人の話す英語が速すぎてまったく聞き取れずいつもイライラしてました。

ヨーロッパで仕事をしていたときは、会議についていけずに仕事を進められないこともたくさんありましたね….

そんな状況が悔しくて、オンライン英会話を3つ試し、英語に関する本も10冊以上読んで勉強してみました。

すると、英語を聞き取れない原因は、スピードではなく「音」にあるという事実を知ったんです。

実は、外国人の話すスピードは問題じゃないらしいんですよね……

といっても、イマイチピンと来ないと思うので笑。

本記事では「英語を聞き取れない原因と練習方法」について、解説していきます。

本記事を最後まで読めば、英語を聞き取れない状況を打破するためにするべきことが明確になりますよ!

Contents

英語を聞き取れない原因は「あなたの思っている発音と実際の発音に差があるから」

冒頭で「英語を聞き取れない原因は音にあり!」とお伝えしましたが、これをもう少し具体化しますね!

英語が聞き取れない原因は「あなたの思っている発音と実際の発音に差があるから」ということなんです。

考えてもみてください。

あなたが「こうだよな」と思っている発音と実際の発音に違っていたら、そもそも聞きとれませんよね?

例えば、以下の単語はあなたが思っている音と実際の音が違う場合が多いです。

・Sydney →よく聞く発音は「シドニー」だが、実際の発音は「シィ(d)ニィ」
・City →よく聞く発音は「シティー」だが、実際は「スィティ」

つまり英語を聞き取れるようになるには「正しい発音を知ること」が最重要なんです。

事実、正しい発音練習がリスニング力向上につながると、英語リスニング能力を高める方法-発音記号と音読という論文で明確に述べられていました。

リスナーが特定の音声を知覚するには、リスナー自身が調音して音声を生成できないといけないことになる。このことはまた、リスニングをするには正しい調音に基づく発音が効果的であるとも言え
る。正しい発音をすることがリスニング能力を向上させるのである。

英語リスニング能力を高める方法-発音記号と音読, 21世紀教育フォーラム,第11号,小野寺 進

正しい発音を知るのが大事ってことは分かりましたが、具体的に何をすればいいんでしょうか?

次の章では、英語を聞き取れない状態から抜け出すための練習方法を解説していきますね!

スポンサードサーチ


英語をうまく聞き取れない人におすすめの練習方法4ステップ

英語を聞き取れるようになるには、以下の順番で英語を音読するのが効果的です。

ステップ① 一度聞いてみる
ステップ② 意味を確認する
ステップ③ 音声と同時に読む
ステップ④ 英文を見ずにシャドーイング

上記4ステップをおすすめする理由があるので、簡単に説明しますね!

まず、発音練習をする前に「英文を読んで意味を理解する」ことから始まります。

英文の意味を理解してから発音練習する、っていう流れがミソ。

東北大学の研究論文「英語リスニング能力を伸ばす効果的学習方法とは?」によれば、英文を事前に読んでからリスニングの練習をすることで、短期間でリスニング力が向上すると述べられています。

早いスピードの英語のリスニングとリスニング前に事前学習(内容を読むなど)を組み合わせる訓練効果を、脳イメージング手法と集中聴解訓練を組み合わせる方法で検証しました。その結果、事前知識によるトップダウン的予測処理が、意味と感覚入力の統合に関与する神経基盤を強化し、聴解訓練後にも持続してリスニングを上達させることが分かりました

英語リスニング能力を伸ばす効果的学習方法とは?, 東北大学 杉浦元亮研究室

ちょっと専門的すぎて意味が分かりにくいですが(笑)

要は「聞く前にちゃんと勉強した方がリスニング力が上がる」と言っています。

本論文では、リスニング勉強の前に15分間英文を読むといった事前知識を得た人たちのテストスコアは、そうでない人達よりも大幅に向上したと述べられていました。

リスニング練習の前にまず英文を理解するのが重要なんですね!

これに加えて、シャドーイングという練習を取り入れると、より効果的にリスニング力をあげられます。

シャドーイングとは、音声の後を追いながら音読する方法。

関西学院大学の門田さんが書かれた「シャドーイング・音読と英語習得の科学」という書籍では、「シャドーイングが英語を話す能力の向上に直接効果をもたらす」と明記されていました。

つまり「英文の意味を事前に確認」→「シャドーイング」という順番で音読練習すれば、短期間でリスニング力とスピーキング力を伸ばせるということ。

前置きが長くなりましたが、次の章から英語を聞き取れるようになるための練習方法を見ていきましょう!

ステップ① 一度聞いてみる

リスニング力を伸ばす方法ステップ1は、まず一度英語を聞いてみること。

今の自分のレベルを確認することで、後で効果を実感できるからです。

まずはテキストを見ずに聞いてみましょう。

何を話しているのか、だいたいの意味を捉えられればOK。

もし1回で分からなければ、何回か聞いてみてください。

こうすることで、今のあなたのリスニング力をだいたい把握できます。

すると、音読練習した後のレベルアップを体感しやすいよね。

自分がどれくらい成長したかが分かれば、やる気もみなぎってくるもの。

まずは、英文を見ずに聞き取れる範囲で聞いてみましょう!

ステップ② 意味を確認する

リスニング力を伸ばす方法ステップ2は、英文を読んで意味を確認すること。

最初に英文の意味を理解すれば、英語を「聞きながら」意味を理解する練習になるんです。

次のステップから発音練習に入るのですが、その前に英文の意味を理解しておかないと効果半減なんです……

極端な話、英語の音だけ聞き取れても意味が分からなければ、練習した意味がありませんよね?

なので、音読する前に、必ず分からなかった単語や熟語、フレーズなどを一通り確認し、意味を理解しましょう!

一通り意味を確認したら、音声を聞きながら英文を黙読してみてください。

英文の意味を理解できているかが分かります。

自然と語彙も増えていくので、一石二鳥ですよ。

発音の前に、まず英文をしっかり理解してくださいね!

ステップ③ 音声と同時に読む

リスニング力を伸ばす方法ステップ3は、英文を目で追いながら音声と同時に音読すること。

教材とあなたの発音の差を埋められるため発音スキルが上がる、すなわちリスニング力が向上するからですね。

音声と同時に発音する練習のことを、パラレルリーディングやオーバーラッピングとも言います。

オーバーラッピングをすれば、あなたの発音できていない部分が明確になるんですよ!

  • 話すスピード
  • 発音
  • 文章のリズム、抑揚
  • イントネーションなど

上記の差を埋めるように、何度もオーバーラッピングしてみてください。

目標は、音声から遅れずに発音できるレベルです。

オーバーラッピングの段階では、意味を理解しながら発音するところまで目指さなくてOK。

オーバーラッピングだけでも結構効果あるので、何度もやってみてください!

ステップ④ 英文を見ずにシャドーイング

リスニング力を伸ばす方法ステップ4は、英文を見ずにシャドーイングすること。

「英文を見ずに」というのがポイント!

というのも、英文を見ずにシャドーイングできるようになれば、意味を理解した英文を正しく発音する練習になり、結果としてリスニング力が上がるからなんです。

実は、弘前大学の論文では「英語の音声を聞き取るには、正しい発音で、同じ速度で言語産出できる必要がある」という事実が述べられておりまして……

要は「話せる英語=聞き取れる英語だよ」ってこと。

言語産出速度が言語入力速度に追いつかないと聞きれないように、英語の音声を聞き取るにはその速度と同じ速度で言語算出を行う必要があるのである

弘前大学、小野寺進、"英語リスニング能力を高める方法 : 発音記号と音読"

シャドーイングを練習すれば、正しい発音練習ができますよね?

しかも、読み上げる英文の意味を理解した状態で、です。

これが何を意味するかというと「英文を理解しながら正しい発音で話せるようになる=英文を理解しながら聞き取れるようになる」ということなんですよ。

ちょっと説明が難しいので、何度か読み返して理解してみてください!w

具体的な練習方法は、意味を理解しながらミスなく言えるようになるまで、何回でもシャドーイングするだけ。

思い出せない単語やフレーズが必ず出てきますので、すぐに意味を再確認して練習を続けます。

体感的には、20〜30回くらい練習すれば、意味を理解しつつ、教材と同じような発音で口が動くようになってきますよ!

ここまでできるようになれば、その英文はモノにしたとして別の英文で再度練習しましょう。

この1〜4までのステップで色々な英文を使って発音練習を繰り返せば、あなたのリスニング力は間違いなく向上します!

英語を聞き取れない人が音読練習するときに意識すべきポイント3選

英語の発音を練習するポイントは以下の3つです。

・音が連結する部分を特定して練習する
・音が脱落する部分を特定して練習する
・すぐに成果が出ないと割り切る

順にお伝えします!

ポイント① 音が連結する部分を特定して練習する

発音を練習するときのポイント1つ目は、音が連結する部分を特定して練習すること。

英語では単語と単語の音がつながることで発音が変わるため、そのポイントを特定して練習すれば、ネイティブが話す早い英語も聞き取れるようになるからですね。

音が連結して発音が変わることを「リンキング」といいます。

例えば、ビジネスシーンでよく使われる keep in touch(これからもよろしく)は、「キープ イン タッチ」ではなく「キーピィnタッチ」

one ofも「ワンオブ」ではなく「ワnノォブ」という感じに。

リンキングについてはこちらの動画が分かりやく解説してくれていたので、ご興味あれば見てみてください。

もし教材を使った勉強中に英語を聞き取れなかったら、英文を見て、音と音が繋がって発音が変わっていないかを確認してみてください。

発音が変わっているところがあれば、そこに集中して何回も聞いて口に馴染むまで発音してみましょう。

リンキングしている箇所を集中して練習することで、ネイティブが話す英語も聞き取れるようになりますよ!

ポイント② 音が脱落する部分を特定して練習する

発音を練習するときのポイント2つ目は、音が脱落する部分を特定して練習すること。

ネイティブが話す超速の英語では、多くの音が脱落しています。

なので、音の脱落を聞き取れるようになれば、リスニング力は飛躍的に上がりますよ!

音が脱落すること(もしくはとても弱く発音されること)を「リダクション」といいます。

例えば、good jobは「グッドジョブ」ではなく「グッジョブ」といった感じ。

他にはDid youが「ディドゥユゥ」ではなく「ジジュ」みたいに、短くなることもリダクションですね。

リダクションについては以下の動画で解説してくれていますので、よければ見てみてください。

リダクションはとても種類が多いため、全て暗記しようとするのではなく、英文を聞きながら見つけたものを覚えていくという方が効率が良いでしょう。

英語が聞き取れないときは、リダクションが起きていることを疑って文章を読み、もう一度聞いてみると、新たな発音を知ることができます。

そうしたら、その部分だけ何回も口に馴染むまで練習してみてください。

この練習を積み重ねることで、リスニング力が劇的に向上していくでしょう。

ポイント③ すぐには成果が出ないと割り切る

発音を練習するときのポイント3つ目は、すぐには成果が出ないと割り切ること。

すぐには成果は出ないと割り切っておけば、効果を実感できないことを理由に途中で勉強を辞めてしまわなくて済みます。

大手オンライン英会話ネイティブキャンプの記事では、英語が聞き取れるようになるためには500〜700時間の勉強が必要と述べていました。

(出典:リスニング上達に必要な要素とは? ネイティブキャンプ)

これは1日1時間英語を聞いたとしても1年半〜2年間はかかる計算に。

また、アメリカ国務省付属の外国語研究期間FSI(Foreign Service Institute)によれば、英語を母国語とする人が日本語を習得するのに必要な勉強時間は約2,200時間としています。

その逆を考えると、日本人が英語を習得するには2,200時間の勉強が必要とも言えますよね?

つまり、英語は一朝一夕の努力では身に付かないということ。

これの事実を知らないと「どれだけ勉強しても英語を聞き取れるようにならない…」と不安になり、途中で挫折しがち。

しかし、すぐには成果が出ないものとして割り切っておけば、気を楽にして勉強を続けることができますよね。

コツコツしか勝たん!ですよ!

スポンサードサーチ


英語を聞き取れない人がつまずきやすいポイントを4つ紹介!

最後に、英語を聞き取れない人が勉強を始めてみて、つまずきやすいポイントを4つまとめておきます。

つまずきポイント① 音を聞き取れても英語の意味が理解できません…

英語の音や単語は聞き取れても意味まで理解できないときは、「読み返し」をせずに英文を理解するつもりで読んでみてください。

読み返しをしない前提で読む練習をすると、英文を「読みながら」理解する練習になるからです。

英文を聞いたと同時に理解できないというのは、「聞きながら」理解できていないということですよね?

つまりは、英文を読みながら理解する練習をしながらリスニングの練習を繰り返せば、徐々に英文を聞いたと同時に理解できるようになります!

なぜ英語は聞き取れるけど意味が分からないのか?コレで意味まで分かります!で、音は聞き取れても意味がわからない原因と対策について紹介したので、もし興味があれば読んでみてください。

オススメ!
なぜ英語は聞き取れるけど意味が分からないのか?コレで意味まで分かります!

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! 英語は聞き取れるのに、意味が理解できないときってありますよね…… 僕は仕事でほぼ毎日英語を使うのですが、単語は聞き取れるのに最終的に何を言ってたのか分からな ...

つまずきポイント②シャドーイングがうまくできません…

シャドーイングがうまくできない原因は、以下の4つが考えられます。

  1. 英文の意味を理解していない
  2. 発音を理解できていない
  3. 口の筋肉が英語の発音に慣れていない
  4. 音声のスピードが速い

なので、まずは英文の再生速度を遅くして、ゆっくり正確に発音練習してみるのがおすすめです!

詳細はなぜシャドーイングで口が回らないのか?|リスニング力はコレすれば上がります!にまとめていますので、よければどうぞ!

オススメ!
なぜシャドーイングで口が回らないのか?|リスニング力はコレすれば上がります!

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! シャドーイングってホント難しいですよね。 しかし、本記事で紹介する方法を試せば、誰でもシャドーイングが上手にできるようになりますよ! なぜなら僕自身、シャド ...

つまずきポイント③ 英語をたくさん聞いても効果が出ません…

残念ながら、英語をたくさん聞くだけでは効果は出ません…

主な理由は以下の5つです。

  1. 知らない音は何度聞いても聞き取れないから
  2. 聞き取れなかった部分を放置しがちだから
  3. 語彙力と文法力は上がらないから
  4. ながら聞きになりがちだから
  5. 自分のレベルに合わないものを聞きがちだから

例えば、スワヒリ語を勉強したことない人が、スワヒリ語を100時間聞いてもまったく理解できませんよね?

それと同じで、知らない音をどれだけ聞き続けても効果は出ないんです。

なので、聞き取れない部分を特定して、発音を勉強し続ける必要があるんですよ。

詳細は英語をひたすら聞くだけでリスニング力は伸びるのか?【回答します】で紹介しているので、よければご参考ください。

オススメ!
英語をひたすら聞くだけでリスニング力は伸びるのか?【回答します】

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! 「リスニング力を上げたいけど、何すればいいのか分からない……英語をひたすら聞いていれば、そのうち聞き取れるようになるの?」 リスニングの勉強方法は溢れかえっ ...

つまずきポイント④ そもそも英語の勉強が続きません…

もし勉強が続かなくて困っているので、あれば以下の方法を試してみてください。

・ゴールを設定する
・勉強する内容を決める
・勉強する時間を決める
・日記などでアウトプットする
・勉強した日を記録する

特に「勉強した日を記録する」のはおすすめです!

Way of Lifeというアプリを使えば、勉強を継続できた日数を見える化でき、モチベーションを維持しやすくなりますよ。

詳しい情報は英語の勉強が続かない人へ|継続できる勉強方法を5ステップで紹介しますで紹介しているのでご参考くださいね!

オススメ!
英語の勉強が続かない人へ|継続できる勉強方法を5ステップで紹介します

「英語の勉強がどうしても続かない…」「継続できる英語の勉強方法が知りたい…」 こんなお悩みにお答えします。 本記事の内容 英語の勉強が続かない人がまずすべきこと 英語の勉強が続かない原因 英語の勉強を ...

まとめ|英語が聞き取れるようになるには時間がかかるが、練習すれば誰でもレベルアップできる

この記事では「英語を聞き取れるようになるには何すればいい?|リスニング力が向上する4つのSTEP」として、以下の内容についてお伝えしてきました。

・英語を聞き取れるようになるには、発音を練習しないと無理
・英語を聞き取れるようになるためには練習あるのみ!|リスニング力を爆上げする方法4ステップ
・英語の発音を練習するときのポイント3選|英語を聞き取れるようになるためにはコレしよう
・英語を聞き取れるようになると、英語能力が一気に花開く
・まとめ|英語を聞き取れるようになるには何すればいい?|リスニング力が向上する4つのSTEP

英語を聞き取れるようになるには、発音の練習を続けないといけません。

逆を言えば、続けてさえいれば必ず英語は聞き取れるようになるということ。

何事もすぐに成果は出ないので、毎日コツコツ積み重ねていきましょう!

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

勉強熱心なあなたが英語で楽しくコミュニケーションが取れるようになることを祈っています。

「話す力」と「聞く力」が手に入るおすすめサービス




「話す力」が欲しいあなたへ

 ◎ 【7日間無料】ネイティブキャンプ おすすめ度★★★★★


“

通常の4倍速で英語が身に付くカランメソッドの正式認定校。「短期集中で早く英語を習得したい!」というあなたにぴったりです!


>>ネイティブキャンプのレビューや評判を見てみる




◎ Bizmates おすすめ度★★★★☆

Bizmates

“

毎回プレゼン課題があるビジネス特化型のオンライン英会話。「ワンランク上の表現力で仕事をかっこよくこなしたい!」というあなたにおすすめです!


>>Bizmatesのレビューや評判を見てみる




>>初心者歓迎!安心のオンライン英会話6選はこちら

>>TOEICもアップ!ビジネス英語を学べるオンライン英会話6選はこちら






 「聞く力」が欲しいあなたへ

◎ 【7日間無料】シャドテン おすすめ度★★★★☆

シャドテン“

あなたの発音をプロが毎日添削してくれるシャドテン。1日30分でいいので継続しやすいです。「仕事で必要なリスニング力を短期間で手に入れたい!」というあなたにぴったりです!


>>シャドテンの評判を見てみる




  • この記事を書いた人

キッツ

TOEIC470点でヨーロッパ駐在した30歳会社員ブロガー▶︎話せる英語は中学レベル。文法ダメダメでも気にせず英語を話しまくる▶︎”それなり”英語がビジネスで通じると実感▶︎”ネイティブレベルなんか目指さない”英語の勉強方法を発信しています!モットーは「伝わればいいじゃん」

-リスニング力の向上
-, , , , ,