リスニング力の向上

英語を聞き取れるようになるには何すればいい?|リスニング力が向上する4つのSTEP

2021年5月13日

「英語を聞き取れるようになりたい」
「英語を聞き取れるようになるには、何をしたらいいのか知りたい」




こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 英語を聞き取れるようになる勉強方法
  • 英語を聞き取れないときに気をつけるポイント
  • 英語を聞き取れるようになるために必要な期間

英語を聞き取るのって難しいですよね。




英語を聞き取れないと、外国人が何を言っているのかわからず英会話で悔しい思いをすることも。




できることなら、英語をなんなく聞き取ってTOEICのスコアを上げたり、外国人との会話を楽しんだりしたいですよね。




どうすれば、英語を聞き取れるようになれるのでしょうか。




この記事では、「英語を聞き取れるようになる方法」について紹介していきます。



英語を聞き取れるようになるには発音」を練習しないと無理

結論から言いますと、英語を聞き取れるようになるには発音を練習すること




正しい発音を練習することがリスニング力向上につながると英語リスニング能力を高める方法-発音記号と音読という論文で明確に述べられているからです。




本論文では、日本人が英語リスニングを勉強するときに問題となるのが「カタカナ発音」だと述べていました。




例えば、以下の英単語の発音はカタカナ発音と違っているため、正しい発音を知らない日本人は正確に聞き取ることができません。

・Sydney →カタカナ発音は「シドニー」だが、実際の発音は「シィ(d)ニィ」
・City →カタカナ発音は「シティー」だが、実際は「スィティ」




このように、英語を聞き取れるようになるには正しい発音を学ぶ必要があるということ。




しかし、正しい発音を勉強しろと言われても、中学のときから多少は音読やシャドーイングなどの練習をやってきましたよね。




正しい発音を身につけるためには、具体的にどうやって勉強すればいいのでしょうか。




次の章では、英語の発音の練習方法についてまとめました。




次を読めば、英語の発音を勉強するための具体的な行動が分かります。



スポンサードサーチ


英語を聞き取れるようになるためには練習あるのみ!|リスニング力を爆上げする方法4ステップ

リスニング力を上げる発音の練習方法は、詳しい手順を以下の記事にまとめました。

海外赴任したけど英語が聞き取れない人へ|リスニング力を伸ばす方法を解説します【裏付けあり】

外国人が何を言っているのか全然聞き取れません。リスニングができないと会話が成り立たないので、仕事を進めるのにとても苦労しています。英語のリスニング力を上げたいのですが、どう勉強すればいいでしょうか? ...

続きを見る




結論は以下の4ステップです。

ステップ① 一度聞いてみる
ステップ② 意味を確認する
ステップ③ 音声と同時に読む
ステップ④ 英文を見ずにシャドーイング




紹介した記事では、他の論文を引用したり経験談を交えたりしながら解説していますので、是非一度目を通してみてください。




この4ステップで発音の練習を続けたところ、外国人の言っていることがある時ふと聞き取れるようになりました




発音の練習をすれば、今よりも必ずリスニング力が向上すると断言できます。




是非、この方法で発音の練習を続けてみてくださいね。




また、発音を練習するときには意識しておくと早く英語を聞き取れるようになる大事なポイントがあるんです。




次の章では、英語の発音を練習するときに気をつけるポイントを紹介しますね。




このポイントを意識して発音を練習すれば、ただ発音の練習をするよりも早く英語を聞き取れるようになります。



英語の発音を練習するときのポイント3選|英語を聞き取れるようになるためにはコレ意識しよう

英語の発音を練習するポイントは以下の3つです。

・音が連結する部分を特定して練習する
・音が脱落する部分を特定して練習する
・すぐには成果が出ないと割り切る




順にお話ししていきますね。



ポイント① 音が連結する部分を特定して練習する

発音を練習するときのポイント1つ目は、音が連結する部分を特定して練習すること。




英語では単語と単語の音がつながることで発音が変わるため、そのポイントを特定して練習すれば、ネイティブが話す早い英語も聞き取れるようになるからですね。




音が連結して発音が変わることを「リンキング」といいます。




例えば、ビジネスシーンでよく使われる keep in touch(これからもよろしく)は、「キープ イン タッチ」ではなく「キーピィnタッチ」




one ofも「ワンオブ」ではなく「ワnノォブ」という感じに。




リンキングについてはこちらの動画が分かりやく解説してくれていたので、ご興味あれば見てみてください。




もし教材を使った勉強中に英語を聞き取れなかったら、英文を見て、音と音が繋がって発音が変わっていないかを確認してみてください。




発音が変わっているところがあれば、そこに集中して何回も聞いて口に馴染むまで発音してみましょう。




リンキングしている箇所を集中して練習することで、ネイティブが話す英語も聞き取れるようになります。




このように、リンキングして音が変わっている箇所を特定して発音を練習することが、リスニング力の向上に繋がるんですね。



ポイント② 音が脱落する部分を特定して練習する

発音を練習するときのポイント2つ目は、音が脱落する部分を特定して練習すること。




音が脱落した部分がわかるようになることで、音が抜け落ちたことを認識できるようになり、ネイティブが話す超速の英語も聞き取れるようになるからです。




音が脱落すること(もしくはとても弱く発音されること)を「リダクション」といいます。




例えば、good jobは「グッドジョブ」ではなく「グッジョブ」といった感じ。




他にはDid youが「ディドゥユゥ」ではなく「ジジュ」みたいに、短くなることもリダクションですね。




リダクションについては以下の動画で解説してくれていますので、よければ見てみてください。




リダクションはとても種類が多いため、全て暗記しようとするのではなく、英文を聞きながら見つけたものを覚えていくという方が効率が良いでしょう。




英語が聞き取れないときは、リダクションが起きていることを疑って文章を読み、もう一度聞いてみると、新たな発音を知ることができます。




そうしたら、その部分だけ何回も口に馴染むまで練習してみてください。




この練習を積み重ねることで、リスニング力が劇的に向上していくでしょう。



ポイント③ すぐには成果が出ないと割り切る

発音を練習するときのポイント3つ目は、すぐには成果が出ないと割り切ること。




すぐには成果は出ないと割り切っておけば、効果を実感できないことを理由に途中で勉強を辞めてしまわなくて済むからです。




大手オンライン英会話ネイティブキャンプの記事では、英語が聞き取れるようになるためには500〜700時間の勉強が必要と述べていました。(出典:リスニング上達に必要な要素とは? ネイティブキャンプ)




これは1日1時間英語を聞いたとしても1年半〜2年間はかかる計算に。




また、アメリカ国務省付属の外国語研究期間FSI(Foreign Service Institute)によれば、英語を母国語とする人が日本語を習得するのに必要な勉強時間は約2,200時間としているため、その逆を考えると、日本人が英語を習得するには2,200時間の勉強が必要ということが考えられます。




つまり、英語は一朝一夕の努力では身に付かないということ。




これの事実を知らないと「どれだけ勉強しても英語を聞き取れるようにならない…」と不安になり、途中で挫折しがち。




しかし、すぐには成果が出ないものとして割り切っておけば、気を楽にして勉強を続けることができますよね。




このように、すぐには成果が出ないと割り切っておくことが、発音を勉強する際に意識するポイントと言えるでしょう。




以上が、発音を練習するときのポイント3選でした。




ぜひ意識して勉強に取り組んでみてくださいね。




ただ、仮に英語を聞き取れるようになったとしても、その英文の意味がわからない!ということも起こりがち。




そんなときは、以下の記事に対処法をまとめてありますので、また見てみてくださいね。

なぜ英語は聞き取れるけど意味が分からないのか?コレで意味まで分かります!

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! 英語は聞き取れるのに、意味が理解できないときってありますよね…… 僕は仕事でほぼ毎日英語を使うのですが、単語は聞き取れるのに最終的に何を言ってたのか分からな ...

続きを見る

スポンサードサーチ


英語を聞き取れるようになると、英語能力が一気に花開く

「どうせ勉強したって英語を聞き取れるようになれない…」
「英語をできる人なんて一部の人だけ」




英語の習得にはとても時間がかかるので、すぐに成果を感じることができず、こんなふうに不安に感じてしまいがち。




何を隠そう僕自身、ヨーロッパに駐在したての頃は英語をほぼ聞き取れず、英語に対して心が折れていたうちの一人です。




しかし、それでも外国人の早い英語に食らいつきながら毎日会話していくうちに、耳をすましたときにふと「あれ?なんか聞き取れる!!!」と思えるブレークポイントがやってきました。




そこからは外国人との会話が楽しくて仕方がなくなり、仕事をこなせうようになっただけでなく、アポ無しでいきなりリモート電話をかけて雑談を楽しめるくらいにはなれました。




英語の習得には時間がかかるものですが、諦めずにアウトプットを続ければ間違いなく今よりも英語を聞き取れるようになります。




急がずに、焦らずに、勉強を続けていきましょうね。



まとめ|英語を聞き取れるようになるには何すればいい?|リスニング力が向上する4つのSTEP

この記事では「英語を聞き取れるようになるには何すればいい?|リスニング力が向上する4つのSTEP」として、以下の内容についてお伝えしてきました。

・英語を聞き取れるようになるには、発音を練習しないと無理
・英語を聞き取れるようになるためには練習あるのみ!|リスニング力を爆上げする方法4ステップ
・英語の発音を練習するときのポイント3選|英語を聞き取れるようになるためにはコレしよう
・英語を聞き取れるようになると、英語能力が一気に花開く
・まとめ|英語を聞き取れるようになるには何すればいい?|リスニング力が向上する4つのSTEP




英語を聞き取れるようになるには、発音の練習を続けないといけません。




逆を言えば、続けてさえいれば必ず英語は聞き取れるようになるということ。




もし英語の勉強が続かなくなってしまったら、以下の記事で英語の勉強を続けるための方法について解説していますので、こちらもみてみてくださいね。

英語の勉強が続かない人へ|継続できる勉強方法を5ステップで紹介します

「英語の勉強がどうしても続かない…」「継続できる英語の勉強方法が知りたい…」 こんなお悩みにお答えします。 本記事の内容 英語の勉強が続かない人がまずすべきこと 英語の勉強が続かない原因 英語の勉強を ...

続きを見る




最後までお付き合いくださりありがとうございました。




勉強熱心なあなたが英語で楽しくコミュニケーションが取れるようになることを祈っています。

「話す力」と「聞く力」が手に入るおすすめサービス




「話す力」が欲しいあなたへ

 ◎ 【7日間無料】ネイティブキャンプ おすすめ度★★★★★


“

通常の4倍速で英語が身に付くカランメソッドの正式認定校。「短期集中で早く英語を習得したい!」というあなたにぴったりです!


>>ネイティブキャンプのレビューや評判を見てみる




◎ Bizmates おすすめ度★★★★☆

Bizmates

“

毎回プレゼン課題があるビジネス特化型のオンライン英会話。「ワンランク上の表現力で仕事をかっこよくこなしたい!」というあなたにおすすめです!


>>Bizmatesのレビューや評判を見てみる




>>初心者歓迎!安心のオンライン英会話6選はこちら

>>TOEICもアップ!ビジネス英語を学べるオンライン英会話6選はこちら






 「聞く力」が欲しいあなたへ

◎ 【7日間無料】シャドテン おすすめ度★★★★☆

シャドテン“

あなたの発音をプロが毎日添削してくれるシャドテン。1日30分でいいので継続しやすいです。「仕事で必要なリスニング力を短期間で手に入れたい!」というあなたにぴったりです!


>>シャドテンの評判を見てみる




  • この記事を書いた人

キッツ

TOEIC470点でヨーロッパ駐在した30歳会社員ブロガー▶︎話せる英語は中学レベル。文法ダメダメでも気にせず英語を話しまくる▶︎”それなり”英語がビジネスで通じると実感▶︎”ネイティブレベルなんか目指さない”英語の勉強方法を発信しています!モットーは「伝わればいいじゃん」

-リスニング力の向上
-, , , , ,